100以上のプランから、最高還元率を選ぶ(ショッピング枠の現金化)


クレジットカード現金化のショップは日本の全国各地に多数あり、それぞれ還元率と呼ばれるものが若干ですが異なってきます。 1つのショップでも、お振込までの日数やご利用金額や性別によってやはり少しずつですが数字が違ってきます。 右のサイトでは、ご利用条件を入力することでショッピング枠の現金化で、実際にどこが一番戻りが良いかを検索できるようになってます。 1%でも違えば、50万円利用すると実は5千円もの差が少なからずでます。 また、それが何度も利用されるとなると年間で、加算され何万円の相違がここでは結果として出ることになります。

平均的な相場としてのショッピング枠の換金は、「80%〜92%」の範囲になっている事が多いです。 利用金額が多いほど、お振込日数を急がないほど、これらは男性より女性のほうがキャッシュバックが高く設定されています。 また取り扱いされているクレジットカードの種類もショップ様によって異なります。 そして、普通はこのショッピング枠の現金化をされる際には、これが、もしここで可能であれば出来るだけ高い還元率を提示している所を時間を掛けてでも徹底的に探しましょう。


10%以上の手数料が掛ってしまう本当の理由

現金化で15%とかの手数料が取られて、数字的に還元率が85%になってしまう主な理由としては、決済手数料にあります。 普通のネットショップでもクレジットカードで商品を購入すると、5%前後は決済会社に取られる仕組みになっています。 ショッピング枠の現金化は、商品を購入して頂いた分のキャッシュバックですので、ここに決済手数料が発生してしまいます。
2015年現在では、どんなに安い決済手数料でも3%を切るところはありませんので、これを踏まえると万が一還元率97%以上の店があるとしたら、それはどこか何かおかしいと思ってください。 還元率だけに目を向けてしまうと、このような関係のハプニングで思わぬ落とし穴に、ここから陥ることもあります。 一時的にでも少しも当惑しないように長い目で見て損をしてしまう事のないようにしましょう。 そして、しっかりと精査して把握し細かい部分まで、チェックを最後まで注意を怠らないようにご注意ください。


ショッピング枠で、どの店を選ぶかで注意する点

【表記されている還元率と実際は異なる場合】
稀にですが、ホームページに書かれている内容と異なるキャッシュバックなんですよと言うような店があります。 そういう時は、即座に中止してください。足元を見られた駆け引きをしているわけです。 ショッピング枠の現金化ができるお店は、たくさんありますので素早く判断し早く他をあたりましょう。

【電話で問い合わせるよりフォームからの方が良い理由】
電話で直接問い合わせるよりも、フォームから必要事項を記入して、後ほど連絡を貰うほうが良い点が少なくとも2つあります。 1つはデータとして「記録が残る」ということです。 万が一にも水掛け論となり「言った言わない」があるよりも、ここで何か残る方が後で全部トータルとしてシチュエーションにここで応じて対応できます。 間違えないためのポイントとしてもう1つは、電話よりもメールでのフォームからの方が、迅速かつスムーズに事が自然と運びます。 ここで必要事項を記入しておけば、結果的にそれに対してクレジット現金化の業者で対応した上で電話を掛けてきてもらえます。